船舶の燃料油


マリンサービス事業部、河原です。

 

 

船舶の燃料油ってどんなものでしょう?

 

多くの大型船舶で使われてのが

C重油と呼ばれる燃料油です。

 

国際的には

燃料油の粘度などによって

種類分けされています。

 

また、この燃料油のことを

業界ではバンカーと呼んでいます。

 

 

その他にも

LNG(天然ガス)を燃料とした船などありますが、

現在の主流はC重油です。

 

私たちが多く取り扱っている燃料も

このC重油です。

 

img-list04

 

 

このC重油、

言い方は悪いですが

ガソリン、灯油、軽油などの搾りかすです。

 

原油を精製すると

どうしても出てきてしまう物なんです。

 

これをもっとも消費してくれているのが

船舶なんです。

 

 

しかも、

品質の落ちる燃料にも拘らず、

非常に高い熱効率というから驚きです。

 

船舶エンジンの熱効率は約50%

 

一般的な自動車が30%程度、

ハイブリッド車で40%弱と言われていますから、

 

効率の良さがご理解いただけると思います。

 

 

ただ、船舶の燃料も

昨今の環境規制の影響は当然のことで、

 

排出ガス規制の強化に伴い

今後、大きな変化があるかもしれません。

 

 

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします