船舶の環境規制


マリンサービス事業部 河原です。

 

最近は環境に係わる様々な規制が強化されていますが、

国際的な船舶についても規制が強化されてきています。

一般の皆様には馴染みがないことですが…

 

その中の一つ、当社にも係わりが深いものとして

燃料油中の硫黄分の規制というものがあります。

 

どういったものかというと、

現在、世界の一般海域(特別な地域を除いた海域)については、

燃料油に含まれる硫黄分の上限が3.5%と定められています。

 

これが、遅くても2025年には0.5%を上限値とすることが決まっています。

SOXの排出量を抑えるための規制強化です。

 

陸上で消費される軽油は、硫黄分が10ppmに制限されています。

パーセントで置き換えると、0.0010%以下になりますので

それほど大したことではないように見えるかもしれませんが、

 

結構、大変で大きな変化になります。

 

船舶に使用されるC重油と呼ばれる燃料油は、

原油を精製した際に出て来るあまりものと言えます。

製油所としては作りたくて作っているものではありません。

 

この規制強化をC重油でクリアするためには、

製油所が莫大な投資をして設備を改良する必要があります。

 

ですが、作りたくないもののためにそのような投資が行われるでしょうか?

 

 

他の手段として、

 

  1. 使用する燃料を変える(A重油 or LNG)
  2. 船舶に排気からSOXを取り除く装置を設置する

 

などありますが、何れにしても

燃料代の高騰や莫大な設備投資など、

大きな負担が掛かってくるものばかりです。

 

燃料代は船舶を運航するオペレーターに、

排気設備の投資は船舶オーナーに、

燃料油の品質向上は製油所(石油メーカー)に、

それぞれ負担がかかってくる話ですので、

 

まだ、将来的な方向性は決まっていません。

(簡単にコスト転嫁が出来れば話は早いのでしょうが)

 

 

ただ、何れにしても

将来的には運賃に反映される(反映されなければならない)ものですから、

 

私たちの生活にも深く関わってくることになるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします