香港の使用燃料油規制


マリンサービス事業部 河原です。

 

今年の7月から、

香港で停泊中に使用できる燃料油の規制がスタートします。

 

規制の概要は、

香港の港に居る間は、硫黄分が0.5%未満の燃料油を使用しなさい

ということになります。

 

095771

 

この規制がスタートすると、

多くの船舶はA重油を低硫黄のMGOやMDOに切り替えて

対応するものと思われますが、

 

ここでも問題なのは、

タンク繰りと残油の処理。

 

今のところ、規制がスタートするのは香港のみですが、

船は全世界のあらゆる港を周っています。

 

すると、香港以外の港で使用する燃料油はどうするのか?

使い分けるならタンク繰りが可能か?

切り替えてしまうなら、残油の処理はどうするのか?

機械的な問題は発生しないか?

 

など、残り3か月以内にクリアにしなければなりません。

 

罰則もありますので、

船主、オペレーターさんは早急にご対応が必要です。

 

ご質問などありましたら、弊社でもご対応しますので

お気軽にお問い合わせください。

 

 

ただ、今回の香港の規制ですが…

 

既に香港で納入するMGO(A重油)は

硫黄分が0.05%未満でなければならないという

規制はスタートしています。

 

なのに、今回の規制は、その0.05%は無理としても

ECAと同じ0.1%未満でもなく、

なんで0.5%未満なんでしょうね?

 

 

★☆★☆船舶燃料・潤滑油・シグマ商事総合問い合わせ★☆★☆

株式会社シグマ商事(代表)●052-896-1510

 

★☆★☆名古屋でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

相生山SS●052-896-1510

 

★☆★☆豊田でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

エッソ豊田インターSS●0565-28-1510 (水素ステーション問い合わせもこちらへ)

 

★☆★☆トラックタイヤ・トラックパーツ・オイル専門★☆★☆

株式会社シグマ商事豊田営業所●0565-26-1510

 

★☆★☆仙台・東北のタイヤ・オイル専門★☆★☆

タイヤセンター東北 大和店●022-346-0710

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします