7月1日より、ホンコンで燃料規制がスタート


マリンサービス事業部 河原です。

 

 

以前にもご案内しましたが、ホンコンでの燃料規制が、7月1日よりスタートします。

087524

この規制は、停泊中に低硫黄(0.5%未満)の燃料油を使用することを

義務付けたものになります。

 

環境に配慮しての規制であり、

環境への負担を減らすための規制強化は、

世界的な流れとしては当然であると思いますが、

 

世界各国の対応が異なると

それに振り回される船会社にとっては、対応に苦慮します。

 

アジア地域でも、主要な港の1つであるホンコン港ですから、

対象となる船舶の数も多いのですが、

 

それらの船舶のほとんどが、他のアジア地域をはじめとした

様々な港にも立ち寄ります。

 

 

そのため、他の港では規制されていなくても、

一番厳しい規制に合わせる必要が出てきます。

(細かく使い分けることは、現実的には難しいため)

 

 

このような規制強化は、

今後、他の地域でも実施されるケースが増えて来ると予想されますので、

対応する側は大変です。

 

 

国際的にも、2020年若しくは2025年には、

燃料油の硫黄分を0.5%未満することになっていますが、

 

燃料油を供給する側に、その規制に合致した燃料油を

供給する義務が無いことが、話をややこしくしています。

 

 

そのため、最近ではスクラバーといった

排気ガスの清浄装置も出てきており、

今後はそちらを装着する方向に進むといった見方もあります。

 

そうなると、船会社は、

どちらに合わせた船を整備していけばよいか、判断に迷います。

設備投資するとなると、大きな費用が掛かりますし、

燃料供給が不足すれば、運航に支障をきたします。

 

 

いずれにしましても、

混乱を回避して、スムーズに移行できるよう

早く方向性が定まると良いですね。

 

 

 

 

 

★☆★☆船舶燃料・潤滑油・水洗剤、及び総合問い合わせ★☆★☆

株式会社シグマ商事(代表)●052-896-1510

 

★☆★☆名古屋でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

相生山SS●052-896-1510

 

★☆★☆豊田でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

エッソ豊田インターSS●0565-28-1510 (水素ステーション問い合わせもこちらへ)

 

★☆★☆トラックタイヤ・トラックパーツ・オイル専門★☆★☆

株式会社シグマ商事豊田営業所●0565-26-1510

 

★☆★☆仙台・東北のタイヤ・オイル専門★☆★☆

タイヤセンター東北 大和店●022-346-0710

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします