オイルの話④


マリンサービス事業部の河原です。

 

 

 

前回、ベースオイルについて話しかけたところでしたね。

 

このベースオイルが、オイルの性能を大きく左右するものなのです。

 

 

 

一般的な鉱物油といわれるオイルは、

石油を精製した際に出来る粘度の高い油を使用しています。

 

もちろんですが、潤滑油のベースオイルとして使えるように

精製過程で不純物や不要な成分は出来るだけ取り除かれます。

 

 

最近の精製技術は、以前と比べて随分と進歩していますので、

鉱物油のベースオイルも、随分と品質が高くなっているものもあります。

 

ただ、不要なものが入っているところから取り除くため、

全てが取り除けるわけではありませんし、

この精製の精度によって品質に違いが生まれてきます。

 

 

また、原油は産地で元の品質が違っています。

 

軽質なものや重質なもの、

金属分などを多く含んだものなど。

 

そのため、精製される製油所が原料とする原油も

ベースオイルの質や性能に影響を与えます。

 

 

それとは別に、化学合成油というものがあります。

 

これは、PAO(ポリアルファ オレフィン)やエステルが

ベースオイルになっているものです。

 

これらは、人工的に造られたものなので、

不純物などは一切含まれておらず、

その分、性能が高いベースオイルといえます。

 

 

ただ、最近ではVHVI(高粘度指数基油)を用いたオイルも

合成油と呼ばれ、一見すると化学合成油との区別がつき難くなっています。

(VHVI=鉱物油の精製度を極めて高くすることによって得られたもの)

 

 

このように、ベースオイルの種類によって

出来上がってくるオイルの性能にも大きな違いが出てきます。

 

ただ、これらの違いを見極めるのは、

なかなか難しい事ではあります。

 

 

お車のためにエンジンオイルにもこだわりたいという方は、

オイルの違いとお車との相性について

丁寧に説明してくれるお店を選びましょう!

 

 

高いオイル=良いオイル

間違いではありませんが、ベストな選択かどうかは別物です!!

 

 

 

★☆★☆船舶燃料・潤滑油・水洗剤、及び総合問い合わせ★☆★☆

株式会社シグマ商事(代表)●052-896-1510

 

★☆★☆名古屋でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

相生山SS●052-896-1510

 

★☆★☆豊田でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

エッソ豊田インターSS●0565-28-1510 (水素ステーション問い合わせもこちらへ)

 

★☆★☆トラックタイヤ・トラックパーツ・オイル専門★☆★☆

株式会社シグマ商事豊田営業所●0565-26-1510

 

★☆★☆仙台・東北のタイヤ・オイル専門★☆★☆

タイヤセンター東北 大和店●022-346-0710

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします