SOx規制は舶用燃料にどんな変化をもたらすのか?


マリンサービス 河原です。

 

IMOが2020年からの燃料中の硫黄分規制開始時期を決定してから

1ヶ月弱が過ぎました。

 

その間、今後、船舶の燃料油が

どんなふうに変わっていくのか、

我々にとっても大きな関心事です。

 

いろいろな関係者の話を伺うと、

2020年のスタート時点では、

低硫黄MGOを含む、超低硫黄燃料油が主流であろうというもの。

 

供給面の不安も取り沙汰されていますが、

実際にはそんなに心配することは無いだろうと見られているようですね。

 

LNGについては、

インフラ面でまだまだ追いつかないと見られています。

特に、主要港以外での供給は困難だと思われます。

 

2025年の時点でも

全体の10%程度ではないかとの予想もあるようです。

 

スクラバーの本船への搭載についても

一部にとどまるとの見方。

 

これについては、

高硫黄と低硫黄の価格差とスクラバー搭載の費用・ランニングコストが

どうなるかによっても広がり方が違ってくるでしょうね。

 

 

ただ、まだ3年強の時間がありますので、

どんな変化が出てくるのか予想がつきません。

 

早めに方向性が見えて来て欲しいものですね。

 

 

★☆★☆船舶燃料・潤滑油・水洗剤、及び総合問い合わせ★☆★☆

株式会社シグマ商事(代表)●052-896-1510

 

★☆★☆名古屋でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

相生山SS●052-896-1510

 

★☆★☆豊田でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

エッソ豊田インターSS●0565-28-1510 (水素ステーション問い合わせもこちらへ)

 

★☆★☆トラックタイヤ・トラックパーツ・オイル専門★☆★☆

株式会社シグマ商事豊田営業所●0565-26-1510

 

★☆★☆仙台・東北のタイヤ・オイル専門★☆★☆

タイヤセンター東北 大和店●022-346-0710

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします