2020年のバンカーの課題②


マリンサービス 河原です。

 

2020年の硫黄分規制ですが、

スタートするタイミングのその時、

一般にはどんな燃料油が出回るのでしょうか?

 

 

これを予想するのは大変難しい。

 

 

ある程度、予想できることとしては、

硫黄分が0.5%未満の燃料油が

出回るであろうということぐらいです。

 

 

ただ、硫黄分が0.5%未満の燃料油といっても、

それがどんなものになるかは現時点では分かりません。

 

 

なぜなら、それぞれの地域ごとに事情も異なるから。

 

 

 

日本国内に目を向けると、

現時点でも舶用燃料油の中心であるC重油の需要は

年々減少しています。

 

国内の蒸留油(ガソリン・灯油・軽油)にしても

少子高齢化、省エネルギー化などによって

需要のピークを越え、減少に転じています。

 

そのため、国内の製油所の能力が過剰で、

高度化法という法律によって

製油所の能力削減が図られています。

 

この4月に、JXと東燃ゼネラルが合併するのも

まだ話し合いの途中ではありますが、

出光と昭和シェル石油が合併しようとしているのも

 

この様な背景があるからです。

 

 

また、陸上で使用される燃料油でも

LNGなどへ燃転が進み、

A重油の需要も落ちている状態です。

 

 

その様な状況ですから、

日本国内だけを見れば、

0.5%未満の硫黄分の燃料油を供給するとなった場合、

 

低硫黄A重油で対応する方向に進むことが

一番容易な対応方法の様な気がします。

 

何せ、日本で販売されている舶用燃料油は

ほとんどが製油所から精製されて出てくるものですから。

 

 

 

一方で、世界の最大のバンカーポートである

シンガポールでは事情が異なります。

 

シンガポールにも製油所はありますが、

そこから精製される燃料油は

全体のごく一部のみです。

 

大半は世界中の各地から

製品であったり、基材であったり、

その様な形で輸入されたものです。

 

C重油自体は、

売りたくて作っているものではなく、

ガソリン・軽油を作ろうとすると

どうしても出てきてしまうものですから、

 

規制が始まったからといって

世界中の製油所が

船舶の燃料のために投資をすることは無いでしょうから、

 

シンガポールでは、

世界中から集めた基材をブレンドして

0.5%の硫黄分に合わせたブレンド油が

主流になる可能性が高いように思います。

 

ただ、現時点で決まっているのは

硫黄分の上限値だけですので、

その他の品質については何の決め事も未だなく、

本当に上手くいくのかはまだ分かりません。

 

 

そのため、

低硫黄燃料油の規格を決めていくことも

今後は必要不可欠になります。

 

 

この他にも、

ストレージタンク、バージなど

燃料が変わることへの対応が求められる訳ですから

 

今後の燃料油については、

簡単に決められる問題ではないことが分かりますよね。

 

 

★☆★☆船舶燃料・潤滑油・水洗剤、及び総合問い合わせ★☆★☆

株式会社シグマ商事(代表)●052-896-1510

 

★☆★☆名古屋でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

相生山SS●052-896-1510

 

★☆★☆豊田でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

エッソ豊田インターSS●0565-28-1510 (水素ステーション問い合わせもこちらへ)

 

★☆★☆トラックタイヤ・トラックパーツ・オイル専門★☆★☆

株式会社シグマ商事豊田営業所●0565-26-1510

 

★☆★☆仙台・東北のタイヤ・オイル専門★☆★☆

タイヤセンター東北 大和店●022-346-0710

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします