シリンダ・コンディション・モニタリング


マリンサービス 河原です。

 

 

前回はシリンダ油の性能について触れました。

 

これから、舶用の燃料油は

2020年の硫黄分規制により

多様化してくるのは間違いありません。

 

そうなると、

シリンダ油の性能が大きく影響することも考えられますが、

 

同時に

これまで以上に

シリンダの状態をモニターすることが

重要になって来るでしょう。

 

 

例えば、

既存の船舶において、

スクラバーを搭載するのは

様々な問題からハードルが高いと思われます。

 

多くの船舶が

2020年には0.5%未満の硫黄分の燃料油を

使わざるを得なくなる訳ですが、

 

もともと、舶用の燃料油は

原油を精製して、ガソリンなどを製造する際に出てくる

余り物といった扱い。

 

規制がスタートすると、

これまでの燃料油がそのまま使えなくなる訳ですが、

 

だからといって、

経済性を考えた場合、

どうやって余り物も活用しながら、

コストをあまり掛けずに

規制に対応するかを考えるのが企業です。

 

なので、

硫黄分が0.5%未満の燃料油といっても

世界各地で、

質が異なる燃料油が出てくることが予想されます。

 

 

また、最近のエンジンは

低温腐食が起きやすい訳ですが、

 

燃料が低硫黄化したからといって

腐食が起きなくなるという保証もありません。

 

規制がスタートすることで、

今まで予測していなかったことが

起きてしまうことも考えられます。

 

シリンダ内の状態は、

使用する燃料油、運転状態によって

これまで以上に変化が激しくなるかもしれません。

 

 

だからこそ、

シリンダの状態を把握するためのモニタリングは

今後ますます重要性を増すことでしょう。

 

 

次回へ続く

 

 

 

★☆★☆船舶燃料・潤滑油・水洗剤、及び総合問い合わせ★☆★☆

株式会社シグマ商事(代表)●052-896-1510

 

★☆★☆名古屋でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

相生山SS●052-896-1510

 

★☆★☆豊田でお得な1日車検・タイヤ・オイル交換は★☆★☆

エッソ豊田インターSS●0565-28-1510 (水素ステーション問い合わせもこちらへ)

 

★☆★☆トラックタイヤ・トラックパーツ・オイル専門★☆★☆

株式会社シグマ商事豊田営業所●0565-26-1510

 

★☆★☆仙台・東北のタイヤ・オイル専門★☆★☆

タイヤセンター東北 大和店●022-346-0710

 

輸入タイヤ・キャリアカーパーツ等のご購入はこちら
フック、シャックルなど固縛用品を各種を販売しています
化学合成物質を含まない人にも環境にも優しい安全な洗浄水
シグマ商事スタッフの日々の活動や情報をお届けします